« ジャパンハンド | トップページ | 映画化による『チーム バチスタ』の崩壊 »

多読、そして実践。

今日は取引先との懇親会がありました。

一年半くらい前から付き合いのある会社なんですが、業界の中ではかなりの大手。

こっちはというと、中小の下請けといったところ。
経営力も経済力もまるで比べ物にならないんだけど、一番違うのは人材ですね。

それから働く人間の意識がまるで違う!

「もっと会社を良くするぞ!そのためにはどうしようか?よし、こうしよう!」

と、問題提起から行動までをちゃんと行う行動力の強さがあります。

解決方法を知るために、その会社の統括部長は本を読みまくるとのこと。その時の注意点は以下の通り。

①とにかく量を読む

②ためにならないと思ったら読むのをやめ、別の本を読む

③本の内容を、自分の立場に置き換えてどうするか考える

④学びを実行する


この4点とのこと。
一番大事なことは、実行することだそうです。

読むだけ読んで、行動を起こさない人の方が多いんでしょうね。

ビジネス書が10万部売れても、10万人が成功するわけじゃなくて、
その内の何割かが行動し、またその内の何割かが行動を継続することで、初めて結果が出るのかもしれませんね。

本は多く読むよう心がけていたけれど、自分の立場に置き換えて、解決方法を「見つけ出して」「行動する」まではいってなかったな。

早速、彼から薦められた以下の本を読んで、実行していきます!

お勧め書籍

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
 著者:
エリヤフ ゴールドラット

②失敗学のすすめ
 著者:
畑村 洋太郎      

失敗学のすすめ (講談社文庫) 失敗学のすすめ (講談社文庫)

著者:畑村 洋太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する




ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス

著者:エリヤフ ゴールドラット
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ジャパンハンド | トップページ | 映画化による『チーム バチスタ』の崩壊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529570/10322561

この記事へのトラックバック一覧です: 多読、そして実践。:

» 失敗学のすすめを読みました。 [NOVEL全集]
ヒューヴェーイルテ......なぜか、フィンランド語。”本食べて生きている”と言... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 08時07分

« ジャパンハンド | トップページ | 映画化による『チーム バチスタ』の崩壊 »