« 仕事と勉強の両立 | トップページ | スライドショー作りに見るWindowsのマーケティング »

昨日は、最初に勤めていた会社の後輩と恵比寿で飲んでいました。

約一年ぶりに会ったのですが、何も変わらない彼と、あの頃住んでいた街や、当時の先輩、友人、恋人の話をしていると、昔に引き戻されるような感覚に陥りました。


当時(と言っても2年半程前ですが)、僕は中部地方の小さな田舎町の呉服店で働いていました。

そこでの一年半の暮らしの中で、多くの人と出会い、いろいろなことを考えさせられました。

穏やかな暮らしを続ける人々。

地元が大好きで、生まれ育った街から出ることのない若者たち。

毎日が、毎年が、同じことの繰り返しのように見えるけれど、確かに人生を楽しんでいる人々。

小さい小さい世間だけど、彼らにとっては、その小さい小さい世間が、世界の全てだった。

何も知らないのは僕の方だった。

彼らよりも多くの場所へ行き、彼らよりも多くの経験をしていると思っていたけれど、人生って、生きていくことって、こんなにもシンプルになると、こんなにも美しいんだって。

今でも覚えている。


お客さんとお喋りをした帰り道、川沿いの散歩道を歩きながら見た、紫色の夕焼け

この町を離れると言った時、お別れ会をしようと、思い出を作ろうと、言ってくれたお客さんや、新しい友人たち。(出会って半年にも満たない人もいた)

でも、だからって『田舎暮らしをしよう!』とは思わない。
物質や情報が容易に手に入る都会の方が、今の僕は好きだ。

あの町での暮らしで得たものは『素敵な田舎暮らしのすすめ』なんかじゃない。

それは、

『人と人との絆』

だったんじゃないかと思うんだ。


人ってこんなにも優しくなれるんだって。

人に優しくされると、こんなにも嬉しくて切ないものなんだって。

誰かと深く繋がることっていうのは、こんなにも人を素直にし、こんなにも優しくなれるんだって。

誰かと深い絆を作ることっていうのは、こんなにも美しいことなんだって。


絆を作るのに怖がる必要なんてない。

傷つくことを恐れちゃいけない。

信頼や、友情や、愛情は、失った時、本当に本当にしんどいけれど、それだけしんどいからこそ得られるリターンは素晴らしいものなんだなって。

手に入るまでの過程がしんどいものこそ、価値があるのかなって。

価値があるならば、恐れる必要なんてないんだなって。

新しい絆を、怖がらずに作っていきたいな。

失うことは極力考えずに、人との絆によって得られる喜びにフォーカスしていこうかな。

|

« 仕事と勉強の両立 | トップページ | スライドショー作りに見るWindowsのマーケティング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

以前からアツヒコさんのブログを拝見していたのですが、試験勉強(?)をされていてお休みされてましたよね。
今日久しぶりに寄せていただいたら、更新をされていたので嬉しくてコメントさせていただきました。

私は掛け持ちでバイトをしているのですが(パート社員のようなものです)、その内の一つは販売です。
個人のお店の売り子みたいなものでたいそうなことは言えないのですが、『人の絆』には私も毎日、助けられています。

お客様の笑顔や『ありがとう』の言葉はこんなにすごい威力があるのかというくらい大きな励ましになっています。
中にはいいお客様とは言えない方もいらっしゃって、もう接客業は嫌だとか自分には向いていないと思うときもありますが・・・。
人間が好きだとは、正直思えない性格なんですが、この仕事をしていると必ず人の温かさを教えられます。
だから、続いているのかなと思わないでもありません。

スミマセン、たくさん、言いたい放題のことを書いてしまいました(苦笑)

アツヒコさんの仕事に向かう姿勢は、本当に素晴らしいと思うのでこれからも頑張ってください!

また寄せていただきますね。

投稿: 凛 | 2009年2月10日 (火) 22時10分

凛さんへ

はじめまして凛さん。
コメントありがとうございます!
こんなブログでも以前から見ていただいていたなんて。。とっても嬉しいです!

そうですよね~、接客業や販売業は人との絆や人間性が大事になってきますよね。

人の優しさがしみじみ分かる仕事だなぁって、販売を辞めた今でも思います。

通常の企業の営業職とは求められるものが違って、販売する人間の人間性が大きく影響するなって思います。

それだけに大変な仕事ですが、それだからこそやりがいもあるんですよね。

>この仕事をしていると必ず人の温かさを教えられます。
だから、続いているのかなと思わないでもありません。

その気持ち、僕もよく感じていました。

『人間』を知るには商売の原点とも言える販売の仕事が適してるのかなとも。

凛さんはお仕事の掛けもちでお忙しいとは思いますが、これからも頑張ってくださいね。

僕も会計士を目指しての勉強が続いていますのでお互い頑張っていきましょう!

コメント、ありがとうございます。

本当にうれしかったです。

投稿: アツヒコ | 2009年2月11日 (水) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529570/27815589

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 仕事と勉強の両立 | トップページ | スライドショー作りに見るWindowsのマーケティング »