« デザイン×心理学(ウジトモコさんのトークショー)に行ってきた! | トップページ | 人生設計 »

ボーダーレス経済?

1/4の違いだった。

うちの会社が手配する国内生産品の文具と、外注が手配する中国生産品との価格差が。

しかももっと驚いたことに、国際的なビジネスマッチングサイトを使ってボーダレスにビジネスをしていた。

いや、驚いたというのは正直な感想じゃないな。

そういうものはあるということも、これから増えるということも聞いていたし、本で読んでもいた。

ただそれが実際に目の前に現れると、現実について考えてしまう。


小ロット、短納期に対応できるのは国内工場のみ?

海外生産でも納期が10日程度しかない。

小ロットでも、毎日運ぶ他の大量の製品と一緒にコンテナに積んで運べば、運賃は限りなくゼロに近づく。

国内製造業が売りにしていた小ロット、短納期はもう魔法の言葉ではなくなった。

よっぽど、複雑な仕様であるか、特許があるような特殊な製造方法でもない限り、国内製造業に未来はないんじゃないか?

国内OEM製造業は数年の内に激減するんじゃないか?

完全に消えてなくならなくとも、売上は尻つぼみになり、小さな町工場だけになり、大手がそれらを安くこきつかい、国内そして国外経済格差は広まっていくんじゃないだろうか?


コモディティ化できるものは安い国へ、安い国へと流れていくって話は本当だったんだ。

コモディティ化できないもの。

それは発想力や提案力だって言うけれど、一度商品モデルやビジネスモデルを作ってしまえば後はマネさえすれば作れてしまう。

決して他者がマネできない財ってなんだろう?

自分には作り出せない付加価値ってなんだろう?

真剣に考えないと、この世界の格差社会蟻地獄を落ちることになる。

いい加減、答えを出して、それに向けて進まないと。

|

« デザイン×心理学(ウジトモコさんのトークショー)に行ってきた! | トップページ | 人生設計 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529570/32624248

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーレス経済?:

« デザイン×心理学(ウジトモコさんのトークショー)に行ってきた! | トップページ | 人生設計 »