« 優れたリーダーの条件 | トップページ | 意義と意味 »

ipadと英語と格差と

今日はTOEICを受けに代々木まで行ってきました。

久々のTOEICは。。。うーむ、読解問題を解き進むにつれ、思考停止状態に。。

2時間集中する訓練って、通常の勉強とは別に必要かも。


今回のTOEICの感想はこんな感じ

1)リスニング

 ①目をつぶって聴くと理解しやすい
 ②問題が流れる前に、解答、設問の順に目を通し、キーワードを頭に入れる

2)穴埋め問題

 ①前後の単語や動詞だけで判断できるものは確実に獲る
 ②口をぱくぱくさせて心の中で読むと理解しやすい

3)短文読解(ビジネスメールとか、広告記事とか)

 ①解答と設問を先に読み、頭にキーワードを入れてから読む
 ②時間が無ければ比較的優しい1問目のみ解く
 ③仕事で英語のビジネスメールやる人は簡単かも

4)その他

 ①イギリスアクセントって聴きとりづらっ!
 ②リスニングには海外ドラマのFRIENDSが役に立った
 ③短文読解は英語の記事とか、student CNNとかが役に立ちそう
  過去問もいいと思うけど、飽きそう。
 ④海外の気になるNews siteとか、好きな著者の記事を読むようにしようかな
   (トーマス・フリードマンが記事を書くこともあるNY TIMESとか)


読解に関しては、文法や単語を覚えるのも必要だけど、読解量を増やす必要もあるなぁって感じてる。
じゃあ、何を読むかって話だけど、自分に興味のあるものの方が続くだろうから(FRIENDSの視聴が続いているのは好きだから)やっぱり、好きな著者のコラムとか、書籍かな。

となるとipadってかなり魅力的。
いつでも好きな時に、簡単にそういうソースを見られるね。PCを立ち上げてー、ネットに繋いでーって手間が省けるし、i phone持ちとしても管理がしやすいし。(ただ、appleがFLASHをサポートしていないから、mixiのサンシャイン牧場ができないのがちょっとなー、優先事項としては低いからいいんだけどね)

となると、ipadのような情報が容易に手に入る機器が今の携帯電話並みに普及すると、英語力があるかないかで、情報へのアクセスが人によってばらつきが出て、そのばらつきが人々の習得知識に影響を与え、習得知識のばらつきが、ビジネスや人生に対する考え方に影響を与え、格差がまた広がっていくのかなって、今更ながら考えてました。

|

« 優れたリーダーの条件 | トップページ | 意義と意味 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529570/33771889

この記事へのトラックバック一覧です: ipadと英語と格差と:

« 優れたリーダーの条件 | トップページ | 意義と意味 »