« 【龍馬伝】冬になったら・・・ | トップページ | 世界中のカフェのストローを緑色に変えた男。 »

素敵な人に出会った。

昨日はグロービスのクリティカルシンキングのクラスだったのですが、とっても素敵な人生を歩んでいる方と出会うことができました。

その方の名前は趙麗華さん。

趙さんは僕が受講している講義の講師の方が欠席されたので、たまたま代行として講師をして頂いたんです。


趙さんは生徒との対話形式のディスカッションを重視されていて、生徒が答えた内容の考えが浅く言葉に詰まってしまっても、答えを導くようなサポートをして下さり、生徒自らが答えを見つける過程をとても大事にされていました。

教室を歩き回り、喋り続け、たまに息が切れていましたが、授業に対する熱の入れ方がとても情熱的で、知識や教育への愛が感じられました。

そう、教育への愛というものを僕は久しぶりに感じたんです。

講義終了後、ランチ懇親会ということで趙さんを囲んでみんなで色々と話をしたのですが、そこで聞いた趙さんの言葉の一つ一つがとても心に刺さりました。。。

趙さんは個人で経営コンサルタントをする傍ら、大学で教育心理学を学んでおり、クリティカル・シンキングのようなビジネスパーソンが学ぶ教育をアカデミックの現場(義務教育)で実践しようと奮闘されています。

グロービスのクリティカル・シンキングで使用されているケースの多くは趙さんが作られたそうです。


「このケースはきっと皆さん感動すると思いますよー!私は一文に一日をかける日もあるくらい、一つ一つの言葉に様々な意味と仕掛けを込めてありますから。だけど皆さん、きっとこのケースを学ぶと悔しがることになると思います(笑)だけどね、失敗をすると人間の脳は記憶が強化されますから。」

ビジネスケースを読んで感動する。

そんなことを考えたことが無かった。

こういう考えは知識や教育への愛が無ければ出てこないと思う。。。

趙さんは中国で最も寒い北部の出身で、中国の大学では日本語を専攻され、大学卒業後すぐに大学生に日本語を教えていたそうです。

(中国の大学生は卒業後にすぐビジネスの現場の一線に出られるように在学中にプロを目指して勉強に勤しんでいるらしい。卒業した途端、彼らは各分野のプロになっている。日本の多くの学生とは全然違う。。。)

日本語教師として働いていた趙さんが、何故ビジネスコンサルタントとなったのか?

大学卒業後、しばらくして知人から趙さんに連絡が入りました。

「経営不振に陥っている日本語学校を再建して欲しい」

経営の何も知らない趙さんは一度は断ったのですが、日本語と北京語のできる人材が他に見つからなかったため、趙さんはその仕事を引き受けます。

その学校は当時、定員130名に対して実際の生徒数はたったの7名。。。

趙さんは2年後、その学校を入学希望者が定員数を大きくオーバーする学校へと再建させました。


学校運営も経営も知らなかったこ趙さんが行ったことはとてもシンプル。

・どういった学校を目指すのか?目標を明確にする。

・そのために何が必要なのか?を考える。

・具体的な打ち手を実行

・売上を上げ、コストを下げる。


学校再建の話を何年後かに人に話すと「それはまさにクリティカル・シンキングだよ。」と言われたそうです。

マーケティングも経営の知識も無かった趙さんが何故、学校再建を実現できたのか?

それは、知識よりも、問題に対してどう考えるかという考え方の方が重要であり、そこが出来ていれば、ある程度の知識が無くても事を成せるからだと思います。

(もちろん、知識がどうしても必要な問題解決もあります)

日本語学校再建を通じて、趙さんの人生観は大きく変わりました。

今までは、教師として一人一人の人生をより良くすることにやりがいを感じていたのですが、日本語学校の再建では、多くの人々が知識をつけ、より良い職を見つけることができ、人々の人生が大きく好転する瞬間に立ち会えたそうです。そんな人々を見て趙さんは


「教師よりもビジネスの方が、より多くの人々の人生に影響を与えることができるかもしれない」


と考えるようになりました。

その後は経営コンサルタントとして活動し、様々な企業の再建に携わりました。

ご本人いわく「つぶれそうな会社をいくつも建て直しました」そうです。

そして今では、また教育の現場に戻りつつあり、グロービスで講義を受け持ち、企業へのセミナー講師を行い、大学で教育心理学を学び、そしてアカデミックの世界に影響を与えることで、多くの人の人生がより良いものになるよう、良い影響を与えようと頑張ってらっしゃいます。

趙さんの考えのもとにあるのは、知識への、教育への、人々の人生への愛なのではと、勝手に思っています。

ご自分について話して下さった時の趙さんはとても生き生きとされていて、目がとても輝いていました。

自分の進むべき道を見つけ、そこに意義を見出し、目標に向かって真摯に、そして楽しそうに向かう趙さんはとっても素敵で眩しかった。

うーん、久しぶりにとっても素敵な人に出会えた。


************************************************************

twittterもやっています。フォローミー♪

http://twitter.com/atsuatsu

|

« 【龍馬伝】冬になったら・・・ | トップページ | 世界中のカフェのストローを緑色に変えた男。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529570/34949761

この記事へのトラックバック一覧です: 素敵な人に出会った。:

« 【龍馬伝】冬になったら・・・ | トップページ | 世界中のカフェのストローを緑色に変えた男。 »